コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月精寺 げっせいじ

1件 の用語解説(月精寺の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

げっせいじ【月精寺】

韓国,江原道平昌郡珍富面の五台山中にある寺院。新羅善徳女王13年(644)創立。高麗の忠烈王33年(1307)再興と伝えられるが,李朝末期に全焼したので現在の諸建築はその後の作ばかりである。しかし伽藍の中心的位置にある八角九重石塔(全高約15m)は,高麗時代の八角石塔のうち,基壇から相輪まで完備した最も優美なる石塔で現在は韓国の国宝に指定されている。露盤,露鉢,受花までは石造で,それから上の青銅製相輪は様式的に後代のものと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

月精寺の関連キーワード江原道五台山参天台五台山記天台山山中山荘清涼山平昌寛建成尋(1)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone