コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月精寺 げっせいじ

世界大百科事典 第2版の解説

げっせいじ【月精寺】

韓国,江原道平昌郡珍富面の五台山中にある寺院。新羅善徳女王13年(644)創立。高麗忠烈王33年(1307)再興と伝えられるが,李朝末期に全焼したので現在の諸建築はその後の作ばかりである。しかし伽藍の中心的位置にある八角九重石塔(全高約15m)は,高麗時代の八角石塔のうち,基壇から相輪まで完備した最も優美なる石塔で現在は韓国の国宝に指定されている。露盤,露鉢,受花までは石造で,それから上の青銅製相輪は様式的に後代のものと思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

月精寺の関連キーワードピョンチャン(平昌)郡五台山(大韓民国)月精寺八角九層石塔朝鮮石塔

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android