月鑑虚焞(読み)げっかん きょどん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月鑑虚焞 げっかん-きょどん

?-? 鎌倉-南北朝時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。能登(のと)(石川県)永光(ようこう)寺の瑩山紹瑾(けいざん-じょうきん)に師事し,のち紹瑾の命により明峰素哲(めいほう-そてつ)(1277-1350)の法をつぐ。能登に円興寺をひらいた。能登出身。法名は虚淳(きょじゅん)とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android