コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明峰素哲 めいほうそてつ

3件 の用語解説(明峰素哲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明峰素哲
めいほうそてつ

[生]建治2(1276)
[没]正平5=観応1(1350).3.
室町時代曹洞宗僧。初め比叡山で天台学を修め,次いで加賀の大乗寺の瑩山に師事し,禅の印可を受けた。のち越中に光禅寺を開いた。彼の法を継承した弟子二十余人,法流は明峰派と呼ばれ,峨山派とともに曹洞宗の二大門流となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明峰素哲 めいほう-そてつ

1277-1350 鎌倉-南北朝時代の僧。
建治(けんじ)3年生まれ。曹洞(そうとう)宗。加賀または能登(のと)(石川県)の人。比叡(ひえい)山で出家,のち瑩山紹瑾(けいざん-じょうきん)に随従。師の跡をついで能登永光寺,加賀大乗寺の住持となり,晩年越中(富山県)光禅寺をひらいた。その法流を明峰派,十二門派という。観応(かんのう)元=正平(しょうへい)5年3月28日死去。74歳。俗姓は富樫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

明峰素哲

没年:観応1/正平5.3.28(1350.5.5)
生年:建治3(1277)
鎌倉中期から南北朝期の曹洞宗の禅僧。能登(石川県)の生まれ。一説に加賀生まれ。曹洞宗第4祖瑩山紹瑾の一番弟子。比叡山で出家し,初め天台教学を学んだが,やがて建仁寺にて臨済禅に転じる。のちに加賀大乗寺の瑩山に参じ,認められて侍者となり,8年の参学ののち,開悟した。元亨3(1323)年,瑩山より法衣を伝えられ,正中2(1325)年,瑩山の後席を継いで永光寺の住持となる。「法は明峰」と讃えられているが著述は少ない。だが,その法は明峰派といわれ,江戸期以降の宗学の発展に重要な役割を果たした。<著作>『明峰仮名法語』<参考文献>卍元師蛮『延宝伝灯録

(竹内弘道)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明峰素哲の関連キーワード玉山全英凸巌養益越溪休覚峨山韶碩太源宗真通幻寂霊洞山良价別源円旨大智傑堂能勝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone