コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有国(2) ありくに

1件 の用語解説(有国(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有国(2) ありくに

?-? 鎌倉時代の刀工。
国家の5男。京都粟田口(あわたぐち)にすみ,のち近江(おうみ)(滋賀県)の金田にうつる。建暦(けんりゃく)-承久(じょうきゅう)(1211-22)のころ,あるいは寛喜(かんぎ)(1229-32)ごろの人といわれる。伊勢神宮に太刀が1振り現存する。通称は藤五郎。なお,有国はほかにも同名の刀工が数名知られている。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone