コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金田 かなだ

3件 の用語解説(金田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金田
かなだ

福岡県北東部,福智町南部の旧町域。直方平野南部にある。 1916年町制施行。 2006年赤池町,方城町と合体して福智町となった。遠賀川支流の彦山川と中元寺川の合流地点で水田が多い。北部の岩淵は水運の盛んな時代に川船が集まって繁栄した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金田
かなだ

福岡県中北部、田川郡にあった旧町名(金田町(まち))。現在は福智(ふくち)町の南部を占める。旧金田町は1916年(大正5)神田(かんだ)村が町制施行し改称。2006年(平成18)赤池(あかいけ)町、方城(ほうじょう)町と合併し福智町となった。旧金田町域は炭層を含む古第三紀層の小丘陵が広く分布。遠賀(おんが)川支流の彦山(ひこさん)川と中元寺(ちゅうがんじ)川の合流点となり、平成筑豊(ちくほう)鉄道伊田(いた)線が通じ、同糸田(いとだ)線を分岐する。明治中期以降筑豊の炭鉱町として開発され、石炭輸送の要衝としても発達した。1952年(昭和27)三菱(みつびし)金田鉱山閉鎖以降急速に衰退し、沈下、陥没などによる田畑家屋への鉱害が著しく、工場団地を造成して、石炭にかわる基幹産業と町づくりを図っている。[石黒正紀]
『『金田町史』(1968・金田町) ▽『金田町誌』(1999・金田町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金田の関連キーワード福岡県田川郡福智町赤池福岡県田川郡福智町上野福岡県田川郡福智町伊方福岡県田川郡福智町市場福岡県直方市永満寺福岡県田川郡福智町金田福岡県田川郡福智町神崎福岡県田川郡福岡県直方市直方福岡県田川郡福智町弁城

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金田の関連情報