コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金田 かなだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金田
かなだ

福岡県北東部,福智町南部の旧町域。直方平野南部にある。 1916年町制施行。 2006年赤池町,方城町と合体して福智町となった。遠賀川支流の彦山川と中元寺川の合流地点で水田が多い。北部の岩淵は水運の盛んな時代に川船が集まって繁栄した。昭和以降は炭鉱によって発展したが,石炭産業合理化による全炭鉱の閉山で深刻な打撃を受けた。地盤沈下などの鉱害も問題となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金田
かなだ

福岡県中北部、田川郡にあった旧町名(金田町(まち))。現在は福智(ふくち)町の南部を占める。旧金田町は1916年(大正5)神田(かんだ)村が町制施行し改称。2006年(平成18)赤池(あかいけ)町、方城(ほうじょう)町と合併し福智町となった。旧金田町域は炭層を含む古第三紀層の小丘陵が広く分布。遠賀(おんが)川支流の彦山(ひこさん)川と中元寺(ちゅうがんじ)川の合流点となり、平成筑豊(ちくほう)鉄道伊田(いた)線が通じ、同糸田(いとだ)線を分岐する。明治中期以降筑豊の炭鉱町として開発され、石炭輸送の要衝としても発達した。1952年(昭和27)三菱(みつびし)金田鉱山閉鎖以降急速に衰退し、沈下、陥没などによる田畑家屋への鉱害が著しく、工場団地を造成して、石炭にかわる基幹産業と町づくりを図っている。[石黒正紀]
『『金田町史』(1968・金田町) ▽『金田町誌』(1999・金田町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

金田の関連キーワード少女が大人になる時 その細き道長崎県対馬市美津島町洲藻長崎県対馬市美津島町黒瀬つくば市桜歴史民俗資料館隠密奉行朝比奈〈2〉千葉県木更津市北浜町スポーツマン金太郎平成筑豊鉄道糸田線隠密奉行朝比奈あぶない女たち鉄人28号FX少年たち〈3〉スーパーの女金田六左衛門金田一 国士大野城[市]愛のたくらみ美津島[町]福智[町]金田一国士

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金田の関連情報