コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有子 ゆうし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有子 ゆうし

ありこ

有子 ありこ

?-? 平安時代後期の女性。
厳島(いつくしま)神社の内侍(ないし)(巫女(みこ))。「源平盛衰記」によれば,16歳のころの治承(じしょう)年間(1177-81)に厳島にきた内大臣徳大寺(藤原)実定から歌1首をおくられた。のち実定をしたって京都にいき,摂津住吉(大阪府)の沖で「はかなしや浪の下にも入りぬべし月の都の人やみるとて」の歌をのこし入水(じゅすい)したという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

有子の関連情報