コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有子 ゆうし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有子 ゆうし

ありこ

有子 ありこ

?-? 平安時代後期の女性。
厳島(いつくしま)神社の内侍(ないし)(巫女(みこ))。「源平盛衰記」によれば,16歳のころの治承(じしょう)年間(1177-81)に厳島にきた内大臣徳大寺(藤原)実定から歌1首をおくられた。のち実定をしたって京都にいき,摂津住吉(大阪府)の沖で「はかなしや浪の下にも入りぬべし月の都の人やみるとて」の歌をのこし入水(じゅすい)したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

有子の関連キーワードソロモン・スミス・バーニーロッキード・マーチン沢村田之助(4代)ボディ・レンタルさよならの花びら間賀田万有子ちょっとだけ高志内親王永倉 萬治ディアジオ山名氏城跡鈴木富有子烏丸光広開発輸入藤原有子鈴木有子有子山城朝夷厚生川島海荷安喜門院

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有子の関連情報