コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内侍 ないし

6件 の用語解説(内侍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内侍
ないし

令制における後宮内侍司女官。尚侍 (しょうじ,ないしのかみ) ,典侍 (てんじ,ないしのすけ) ,掌侍 (しょうじ,ないしのじょう) のことをいったが,平安時代中頃からは掌侍のことをさすようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うち‐さぶらい〔‐さぶらひ〕【内侍】

鎌倉時代、母屋から続く東西の廊に設けられた、警備・宿直のための武士の詰め所。→遠侍(とおさぶらい)外侍(そとさぶらい)

ない‐し【内侍】

内侍司(ないしのつかさ)の女官の総称。また特に、掌侍(ないしのじょう)のこと。
斎宮寮(さいぐうりょう)の女官。
厳島(いつくしま)神社に仕えた巫女(みこ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うちさぶらい【内侍】

主殿の中に設けた警護の武士の詰め所。うちざむらい。 ↔ 外侍遠侍 「 -には一門源氏上座して/平家 8

ないし【内侍】

律令制で、内侍司の職員である尚侍ないしのかみ・典侍ないしのすけ・掌侍ないしのじようの総称。本来は天皇の日常生活に供奉ぐぶする女官であるが、平安中期には、妃・夫人・嬪ひんら天皇の「妾」に代わる存在となり、また、単に内侍といえば、掌侍をさし、その筆頭者を勾当こうとうの内侍と呼ぶようになる。
斎宮寮の女官の一。他に女別当・宣旨せんじが知られる。
安芸国厳島いつくしま神社に仕える巫女みこ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内侍
ないし

後宮の官司である内侍司(ないしのつかさ)の、おもに典侍(ないしのすけ)・掌侍(ないしのじょう)を内侍と称するが、平安後期以降は掌侍のみをさすようになる。内侍司は天皇に常侍し、奏請・宣伝や宮中の礼式等を掌(つかさど)る司であったが、平安時代以後は後宮の女司の中心となった。平安中期以降には上皇・三后・斎宮などに内侍と称する職が置かれ、中宮内侍・斎宮内侍等とよばれる。また内侍所(ないしどころ)(温明殿(うんめいでん)の神器安置の場所。また女官の詰所・執務機関)にも内侍という女官が置かれたらしい。令(りょう)制では典侍4人、掌侍4人であるが、平安時代以後は権任(ごんにん)が加わった。『禁秘(きんぴ)抄』に第一の掌侍を勾当内侍(こうとうのないし)と称することが記されるが、近世ではその曹司(ぞうし)にちなんで長橋殿(ながはしどの)・長橋局(つぼね)とよんだ。[黒板伸夫]
『角田文衛著『日本の後宮』(1973・学燈社) ▽須田春子著『平安時代後宮及び女司の研究』(1982・千代田書房) ▽和田英松著、所功校訂『新訂官職要解』(講談社学術文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の内侍の言及

【侍所】より

…当初は平安時代の公家の邸宅で従者である侍の詰める所,伺候する所。寝殿の主屋の周囲の廊の部分をいうこともあり,主殿に付属するものを内侍(うちさむらい),邸内に別にあるものを遠侍(とおざむらい)という。藤原道長の《御堂関白記》長和4年(1015)に,政所,侍所という場所の名称がすでに見える。…

【厳島神社】より

…福島・浅野時代には社領は没収されるが毎年1000石余支給された。司祭者は神主のもとに社人,内侍(ないし),供僧がいた。内侍は舞姫もつとめたが本来巫女で,所領のほか社頭にささげられた散銭散米の収得権を持ち中世末まで権威を保持した。…

【長橋局】より

…宮中に仕えた女官で,勾当内侍(こうとうのないし)の別称。清涼殿の東南隅から紫宸殿の御後(ごご)に通ずる細長い板の橋を長橋といい,そのそばに勾当内侍の局(つぼね)があったことからこの称が生まれた。…

【巫女∥神子】より

…鈴振り神子,湯立神子,神楽神子とも称される。これにもローカルタームがあって,宮中の神事に奉仕した御巫(みかんこ),伊勢神宮の斎宮(いつきのみや),賀茂神社の斎院またはアレオトメ,熱田神宮の惣の市(そうのいち),鹿島神宮の物忌(ものいみ),厳島神社の内侍(ないし),美保神社の市(いち)などが著名である。けれども現在では,本来の神がかり現象を示すものはほとんどみられない。…

※「内侍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

内侍の関連キーワード六調子起聯四蔵律・慄・率・立四部律鍵酵素律(仏教)律(詩歌)律(法制)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内侍の関連情報