コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有慶 ゆうきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有慶 ゆうきょう

986-1071 平安時代中期の僧。
寛和(かんな)2年生まれ。藤原有国の子。東大寺にはいり,澄心に三論をまなぶ。のち兄の済慶(さいきょう)にも師事。良弁(ろうべん)の御影堂(良弁堂)を建立し,長元8年興福寺維摩会(ゆいまえ)の講師。東大寺別当,元興寺別当をつとめた。延久3年2月21日死去。86歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

有慶の関連キーワード高野山(寺院)日本年号一覧加藤有慶滝野遊軒亀川盛棟清水古博今立春山六条有藤空海密教永観寛和頼慶

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android