(読み)う

デジタル大辞泉の解説

う【有】

《〈梵〉bhavaの訳。生じること、あることの意》仏語生存存在。また、その場所。生死輪廻(りんね)の根源となるもの。

う【有/優】[漢字項目]

〈有〉⇒ゆう
〈優〉⇒ゆう

ゆう〔イウ〕【有】

あること。存在。「無からを生じる」⇔無(む)
持っていること。所有すること。「敵のに帰する」
存在2
数字とともに用いて、さらに、その上また、の意を表す。「十余年」

ゆう【有】[漢字項目]

[音]ユウ(イウ)(漢) (呉) [訓]ある もつ たもつ
学習漢字]3年
〈ユウ〉
…がある。存在する。「有益有害有効有罪有志有望有名有利有料有力烏有(うゆう)固有通有万有
持っている。「含有共有具有国有私有所有占有保有領有
さらに加えて。「有余/一年有半
語調を整える助字。「有司有虞氏(ゆうぐし)
〈ウ〉
ある。存在する。「有情有無有象無象有頂天希有(けう)未曽有(みぞう)
仏教で、存在すること。生存。「三有(さんぬ)中有
[名のり]あり・すみ・とお・とも・なお・なり・みち・もち・ゆ
[難読]有職(ゆうそく)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

う【有】

ウパニシャッドの思想家ウッダーラカ・アールニによれば,この宇宙ははじめ〈有sat〉のみであったが,それがみずからの意思で火を,火は水を,水は食物(=地)を創造した。〈有〉はその3者の中にアートマン(自我,本体)として入り,3者を混合して名称と形態(現象界)を開展した。熟睡時と死時には逆をたどって〈有〉に帰入するが,凡人はそれを知らないで世界の多様性に翻弄される。この〈有〉は一般にはブラフマン(梵)と称され,上述のごとく実はアートマンと同一である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

う【有】

〘仏〙
存在。存在物。事物。実在。 ⇔
苦が存し、生死輪廻しようじりんねのある世界。 → 三有さんぬ
一回の輪廻の生死を四つに区切ったもの。 → 四有
有見うけん」に同じ。

ゆう【有】

あること。存在すること。 「無から-を生じる」
持つこと。持ちもの。所有。 「わが-に帰する」
〘仏〙 「」に同じ。
漢語名詞の上に付いて、…があるという意を表す。 「 -資格者」
▽⇔

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【ウッダーラカ・アールニ】より

…その思想はおもに《チャーンドーギヤ・ウパニシャッドChāndogya‐upaniṣad》の特に第6章に,わが子シュベータケートゥへの教えというかたちで伝えられている。それによれば,太初,宇宙は〈(う)sat〉のみであったが,〈有〉は火・水・食物を創造し,その3者の中にアートマン(自我)として入りこみ,3者を混合して名称nāmaと形態rūpa(現象界)を開展したという。人が死ねば,この逆をたどって〈有〉に帰入するという。…

【仏教】より

…紀元前5世紀ころインドに出たシャーキャムニ,すなわち釈迦(しやか)によって創唱された教えで,キリスト教,イスラムと並ぶ世界三大宗教の一つ。現在,(1)スリランカ,タイなどの東南アジア諸国,(2)中国,朝鮮,日本などの東アジア諸国,(3)チベット,モンゴルなどの内陸アジア諸地域,などを中心に約5億人の教徒を有するほか,アメリカやヨーロッパにも教徒や思想的共鳴者を得つつある。(1)は前3世紀に伝道されたスリランカを中心に広まった南伝仏教(南方仏教)で,パーリ語仏典を用いる上座部仏教,(2)はインド北西部から西域(中央アジア)を経て広まった北伝仏教で,漢訳仏典を基本とする大乗仏教,(3)は後期にネパールなどを経て伝わった大乗仏教で,チベット語訳の仏典を用いるなど,これらの諸地域の仏教は,歴史と伝統を異にし,教義や教団の形態もさまざまであるが,いずれもみな,教祖釈迦をブッダ(仏)として崇拝し,その教え(法)を聞き,禅定(ぜんじよう)などの実践修行によって悟りを得,解脱(げだつ)することを目標とする点では一致している。…

※「有」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有の関連情報