コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御影堂 みえいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御影堂
みえいどう

(1) その寺の開基開山の像を安置した建物。奈良時代頃から開山の没後,敬慕の心をこめて建設されはじめたもので,祖師堂開山堂ともいう。浄土真宗西本願寺では「ごえいどう」と読み,親鸞聖人の像を安置する堂舎をいう。 (2) 京都市下京区五条の新善光寺別称

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みえい‐どう〔‐ダウ〕【御影堂】

仏教寺院で、開山宗祖などの御影を祭る堂。
京都五条橋西にあった新善光寺の異称。この寺の尼が作り出した御影堂扇といわれ、近世では最上の扇とされ有名であったところから、その名がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

御影堂【みえいどう】

祖師堂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

みえいどう【御影堂】

一寺の開基、一宗の開祖の御影を安置する堂。開山堂。祖師堂。
京都五条橋の西にあった新善光寺の別名。
京都名産の扇の名。平敦盛の妻が新善光寺に住して作ったのが始まりといい、江戸時代には扇の最上品とされた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の御影堂の言及

【祖師】より

…祖師忌には,祖師を賛仰するために,祖師の生涯を絵巻物や屛風などに描いて絵解きをすることが多く,絵伝にはきわめてすぐれたものが残されている。また祖師の肖像画や肖像彫刻(祖師像)がさかんに作られ,それを安置する祖師堂や御影堂(みえいどう)は,寺院の堂宇のなかで重要な意味をもつようになった。祖師の遺品や墨跡などが,信仰の対象として神聖視される例は枚挙にいとまがない。…

※「御影堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御影堂の関連キーワード青蓮院宮尊道入道親王青森県弘前市西茂森三重県津市一身田町北斗庵一樹(2代)福井県敦賀市原高田(栃木県)高田山専修寺専修寺境内高野山文書水無瀬神宮水無瀬親成久保長闇堂大谷光瑩徳力善雪大谷光勝水無瀬家藤原豪信江戸時代本如上人最勝光院

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御影堂の関連情報