コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛和 カンナ

大辞林 第三版の解説

かんな【寛和】

〔「かんわ」の連声〕
年号(985.4.27~987.4.5)。永観の後、永延の前。花山かざん・一条天皇の代。かんわ。

かんわ【寛和】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

かんな【寛和】

日本の元号(年号)。平安時代の985年から987年まで、花山(かざん)天皇、一条(いちじょう)天皇の代の元号。前元号は永観(えいがん)。次元号は永延(えいえん)。985年(永観3)4月27日改元。花山天皇の即位にともない行われた(代始改元)。986年(寛和2)、花山天皇が御所を出奔して、洛東の元慶(がんけい)寺で出家、退位するという事件が起こった。摂関家内部の権力争いを背景にした出来事で、寛和の乱と呼ばれる。985年(寛和1)には源信(げんしん)が『往生要集(おうじょうようしゅう)』を著している。◇「かんわ」とも読む。

かんわ【寛和】

⇒寛和(かんな)

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

寛和の関連キーワード曽禰好忠・曾禰好忠・曽祢好忠・曾祢好忠宗子内親王(2)日本往生極楽記藤原為信(1)昌子内親王資子内親王尊子内親王規子内親王寂源(1)藤原伊周藤原忯子藤原実資藤原資平三条天皇藤原詮子藤原兼家婉子女王藤原惟成藤原義懐大江斉光

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寛和の関連情報