寛和(読み)カンナ

大辞林 第三版の解説

かんな【寛和】

〔「かんわ」の連声〕
年号(985.4.27~987.4.5)。永観の後、永延の前。花山かざん・一条天皇の代。かんわ。

かんわ【寛和】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

かんな【寛和】

日本の元号(年号)。平安時代の985年から987年まで、花山(かざん)天皇、一条(いちじょう)天皇の代の元号。前元号は永観(えいがん)。次元号は永延(えいえん)。985年(永観3)4月27日改元。花山天皇の即位にともない行われた(代始改元)。986年(寛和2)、花山天皇が御所を出奔して、洛東の元慶(がんけい)寺で出家、退位するという事件が起こった。摂関家内部の権力争いを背景にした出来事で、寛和の乱と呼ばれる。985年(寛和1)には源信(げんしん)が『往生要集(おうじょうようしゅう)』を著している。◇「かんわ」とも読む。

かんわ【寛和】

⇒寛和(かんな)

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんな クヮンワ【寛和】

平安中期、花山・一条両天皇の代の年号。永観三年(九八五)四月二七日代始により改元。寛和二年六月以降は一条天皇。寛和三年四月五日永延(えいえん)と改元。出典未詳。

かんわ クヮンワ【寛和】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寛和の関連情報