コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有明富士 ありあけふじ

デジタル大辞泉プラスの解説

有明富士

長野県安曇野市、北安曇郡松川村にまたがる有明山(戸放(とばなし)ヶ岳)の別称。「信濃富士」「安曇富士」とも。香川県にある江甫草山(つくもやま)(九十九山)も同じ「有明富士」の異名を持つ。

有明富士

香川県観音寺市にある江甫草山(つくもやま)(九十九山)の別称。瀬戸内海の海岸に突き出した九十九崎にある円錐形小山。いわゆる讃岐七富士のひとつ。標高153メートル。長野県にある有明山も同じ「有明富士」の異名を持つ。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の有明富士の言及

【有明山】より

…標高2268m。安曇野からは急峻な富士山形の山容にみえることから信濃富士,有明富士などともいい,古来,詩歌によくよまれた。中生代白亜紀の花コウ岩で構成され,山頂部は南北に細長く,東麓に有明神社の奥社がある。…

※「有明富士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

有明富士の関連キーワード香川県観音寺市長野県安曇野市

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android