有明山(読み)ありあけやま

日本大百科全書(ニッポニカ)「有明山」の解説

有明山
ありあけやま

長野県松本盆地の北西に位置する北アルプスの前山。標高2268メートル。花崗(かこう)岩からなり、山容が富士に似ているので古来、地元では信濃富士(しなのふじ)とよんでいる。山中には大小の滝があり、有明神社がある。

 古来から歌枕(うたまくら)として知られ、「かたしきの衣手(ころもで)寒く時雨つつ有明山にかかるむらくも」(後鳥羽院(ごとばいん))などと歌われた。山名は、天照大神(あまてらすおおみかみ)が岩戸にこもって天下が暗闇(くらやみ)になったとき、手力雄命(たぢからおのみこと)が岩の戸を投げ、その岩がここに落ち、天下が明るくなった山なので有明としたとの伝説がある。中世以後、修験(しゅげん)道場となり、近世享保(きょうほう)年間(1716~1736)からは行者の登山が行われている。

[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「有明山」の解説

ありあけ‐やま【有明山】

長野県松本盆地北西部の山。北アルプスの前山。二二六八メートル。戸放(とばなし)ケ岳。歌枕。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「有明山」の解説

有明山
ありあけやま

長野県西部,飛騨山脈前山にあり,松本盆地の西縁にそびえる山。標高 2268m。花崗岩から成り,山容富士に似ているので,信濃富士とも呼ばれる。江戸中期頃から信仰の対象となり,大正末期までは信者登山が多かった。山頂に有明神社の奥社がある。南麓の中房川のには中房温泉,有明温泉があり,別荘地,ゴルフ場などもある。付近は中部山岳国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「有明山」の解説

ありあけやま【有明山】

飛驒山脈(北アルプス)南東部,長野県南安曇(みなみあずみ)郡穂高町と北安曇郡松川村との境界にそびえる山。標高2268m。安曇野からは急峻な富士山形の山容にみえることから信濃富士,有明富士などともいい,古来,詩歌によくよまれた。中生代白亜紀の花コウ岩で構成され,山頂部は南北に細長く,東麓に有明神社の奥社がある。中世に修験道場として発展したが,現在は訪れる人も少なく静寂な山である。中房温泉からの登山路がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android