有栖川宮 威仁(読み)アリスガワノミヤ タケヒト

20世紀日本人名事典の解説

有栖川宮 威仁
アリスガワノミヤ タケヒト

明治・大正期の海軍大将・元帥 有栖川宮第10代。



生年
文久2年1月13日(1862年)

没年
大正2(1913)年7月5日

出生地
京都

別名
幼名=稠宮(サワミヤ),別称=威仁親王(タケヒトシンノウ)

学歴〔年〕
海軍兵学寮,グリニッジ海軍大学校(英国)

経歴
有栖川宮幟仁親王の第四王子。明治7年海軍兵学寮に入り、西南戦争に従軍。11年兄・熾仁親王後嗣として親王宣下。14〜16年英国留学、22〜23年欧米歴訪。その後、葛城、高雄などの艦長、横須賀海兵団長などを歴任。日清戦争では松島艦長として従軍。32年東宮輔導となり、36年6月まで皇太子(大正天皇)の教導に当たる。32年中将、37年大将昇進とともに軍事参議官に就任、大正2年元帥となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有栖川宮 威仁の関連情報