コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熾仁親王 タルヒトシンノウ

百科事典マイペディアの解説

熾仁親王【たるひとしんのう】

幕末〜明治前期の皇族。有栖川宮(ありすがわのみや)家9世。幕末には尊攘(そんじょう)派に擁立されて国事御用掛を務める。王政復古後は新政府の総裁職に就き,戊辰戦争では東征軍大総督として鳥羽・伏見の戦などに出陣。
→関連項目和宮

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たるひとしんのう【熾仁親王】

1835‐95(天保6‐明治28)
幕末・明治前期の皇族。父は有栖川宮幟仁(たかひと)親王。仁孝天皇猶子となり大宰帥三品に任叙。孝明天皇の皇妹和宮(かずのみや)と結婚の予定であったが,和宮の将軍徳川家茂への降嫁のため解消。幕末には尊攘派に擁立されて国事御用掛を務めたが,1864年(元治1)禁門の変の後,謹慎の処分をうけた。王政復古後,新政府の総裁職に任命され,また戊辰戦争では東征大総督として討幕軍の最高指揮者となる。その後,福岡藩知事(ついで県令),元老院議官,議長などを歴任。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熾仁親王
たるひとしんのう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

熾仁親王 (たるひとしんのう)

生年月日:1835年2月19日
江戸時代;明治時代の皇族。参謀総長
1895年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

熾仁親王の関連キーワード有栖川宮威仁親王有栖川宮妃貞子有栖川宮慰子妃有栖川宮妃董子有栖川宮 熾仁有栖川宮 威仁和宮降嫁問題稲田 邦植久我誓園尼大熊 氏広能久親王江戸開城西徳二郎川上操六静寛院宮威仁親王明治時代徳川吉子日清戦争幟仁親王

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android