コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熾仁親王 タルヒトシンノウ

6件 の用語解説(熾仁親王の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たるひと‐しんのう〔‐シンワウ〕【熾仁親王】

有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみやたるひとしんのう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

熾仁親王【たるひとしんのう】

幕末〜明治前期の皇族。有栖川宮(ありすがわのみや)家9世。幕末には尊攘(そんじょう)派に擁立されて国事御用掛を務める。王政復古後は新政府の総裁職に就き,戊辰戦争では東征軍大総督として鳥羽・伏見の戦などに出陣。
→関連項目和宮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たるひとしんのう【熾仁親王】

1835‐95(天保6‐明治28)
幕末・明治前期の皇族。父は有栖川宮幟仁(たかひと)親王。仁孝天皇猶子となり大宰帥,三品に任叙。孝明天皇の皇妹和宮(かずのみや)と結婚の予定であったが,和宮の将軍徳川家茂への降嫁のため解消。幕末には尊攘派に擁立されて国事御用掛を務めたが,1864年(元治1)禁門の変の後,謹慎の処分をうけた。王政復古後,新政府の総裁職に任命され,また戊辰戦争では東征大総督として討幕軍の最高指揮者となる。その後,福岡藩知事(ついで県令),元老院議官,議長などを歴任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たるひとしんのう【熾仁親王】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熾仁親王
たるひとしんのう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熾仁親王の関連キーワード栗田寛谷勤高橋正純羽田子雲木村貫山中村雀右衛門東海園鶴群野呂多一郎細川韶邦本多鋭子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone