コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有機リン中毒/カーバメイト中毒 ゆうきりんちゅうどくかーばめいとちゅうどく Organophosphate Poisoning / Carbamates Poisoning

1件 の用語解説(有機リン中毒/カーバメイト中毒の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ゆうきりんちゅうどくかーばめいとちゅうどく【有機リン中毒/カーバメイト中毒 Organophosphate Poisoning / Carbamates Poisoning】

[どんな病気か]
 どちらも殺虫剤で、神経のはたらきを阻害して殺虫効果を現わします。農業用にも、家庭用の殺虫剤にも使用されています。
 有機リンを散布した牛舎(ぎゅうしゃ)に入れた牛32頭全部が中毒になり、14頭が死亡する事故が栃木県でありました。
 アメリカカナダでは、カーバメイトを散布した畑のスイカを食べた人、合わせて1000人が中毒になるという事件がありました。
[症状]
 縮瞳(しゅくどう)(瞳孔(どうこう)が小さくなる)、よだれ、流涙(りゅうるい)、嘔吐(おうと)、下痢(げり)、頻脈(ひんみゃく)、不安、興奮(こうふん)、不眠、情緒不安定、言語不明瞭(げんごふめいりょう)などがおこります。
 意識の低下、昏睡(こんすい)、けいれんなどの重い症状になることもあります。
[治療]
 呼吸が止まることがあるので、酸素吸入などを行ないます。
 そのうえで、副交感神経のはたらきを正常にするアトロピンを注射します。
 有機リンの中毒で、あまり時間がたっていなければ、神経のはたらき全体を活発にするプラリドキシム(PAM)が点滴で用いられることもあります。カーバメイト中毒には、この薬は効果がありません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

有機リン中毒/カーバメイト中毒の関連キーワード殺虫剤五一三六石油乳剤何心地防虫剤抗コリンエステラーゼ殺虫剤細菌性殺虫剤微生物殺虫剤ピレスロイド系殺虫剤有機塩素殺虫剤

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone