コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昏睡 こんすい coma

翻訳|coma

7件 の用語解説(昏睡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昏睡
こんすい
coma

外界の刺激に全然反応せず,反射もほとんど消失した意識障害の最高度のものをいう。けいれんを伴う場合がある。通常,顔面蒼白瞳孔散大括約筋弛緩,失禁などの症状がみられる。原因は脳および髄膜の疾患,急性感染症,中毒,重症の糖尿病や腎炎,脳の酸素欠乏などである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こん‐すい【×昏睡】

[名](スル)
前後も知らず深く眠り込むこと。また、その眠り。「酔って昏睡する」
高度の意識障害の状態。完全に意識が失われ、こんこんと眠っており、刺激に対して反応しない状態。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

昏睡【こんすい】

最高度の意識障害。いかに強い刺激を与えても,精神的反応が全く認められない持続的意識喪失状態。肉体的反応は多少認められることもある。昏睡の身体症状としては筋の弛緩(しかん),反射機能の消失,顔面の蒼白(そうはく)(脳出血では紅潮),瞳孔(どうこう)の散大(時に縮小),尿失禁などがある。
→関連項目低血糖症脳死判定基準脳低体温療法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

昏睡

 脳の疾患,毒物中毒,脳の酸素欠乏などの原因で起こる意識障害.外界の刺激に反応せず,筋肉の弛緩,反射の喪失などが起こる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こんすい【昏睡 coma】

意識障害の程度を表す言葉で,いかなる刺激に対しても反応せず,ただ生命が維持されているのみという深い意識障害をさす。意識障害は,覚醒の程度に応じて,名を呼んだりすると容易に覚醒する傾眠somnolenceから昏蒙obtundation,昏迷stupor,および昏睡に分けられている。意識【水沢 英洋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こんすい【昏睡】

( 名 ) スル
前後不覚にねむること。 「疲労から-する」
〘医〙 意識障害のうち最も高度なもので、刺激に対する反応がまったくみられない状態。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昏睡
こんすい

精神的活動および外部刺激に対する脳の反応がいっさい失われる、意識障害のもっとも高度なものをいう。昏睡を含む意識障害の各段階における区別法や名称は、立場や学派によって異なるが、臨床的には通常、目は閉じたままで、筋肉は弛緩(しかん)してまったく動かない、呼びかけや痛みなどの刺激に反応しない、尿や糞便(ふんべん)の失禁がみられるといった生命の危険を伴う重大な神経症状である。
 昏睡状態にあるものは、俗に人事不省(じんじふせい)ともよばれる。
 原因となる病気は数多く、代表的な脳卒中をはじめ、頭部外傷、脳炎、髄膜炎など脳が直接障害される頭蓋(とうがい)内の疾患と、肝臓病、糖尿病、低血糖、尿毒症、薬物およびガス中毒、重篤な感染症、心臓病、失血などによるショック、肺性脳症、子癇(しかん)、ヒステリーなど頭蓋外の疾患とに大別される。なお、重篤な肝不全、糖尿病、低血糖、尿毒症などに伴う意識障害は、厳密な意味の昏睡ではなくても、肝性昏睡、糖尿病性昏睡、低血糖性昏睡、尿毒症性昏睡とよばれる。[海老原進一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の昏睡の言及

【意識】より

…したがって意識障害を現象的に記載するにあたっても,この二つの側面を念頭においてなされるのが普通である。 昏睡,昏迷,昏蒙,傾眠などは覚醒の程度を表すものであり,昏睡comaはどのような外界からの刺激に対してもまったく目覚めることのない最も深い意識障害に対して用いられ,傾眠somnolenceは呼びかけないかぎり,目を閉じてうとうととしているが,容易に目を覚まさせることのできるような軽い意識障害を示す。昏蒙benumbingと昏迷stuporはこの二つの中間段階に対して用いられ,通常後者のほうが前者より高度の意識障害を意味するものである。…

【収差】より

…写真レンズでは,この収差の小さいレンズほど画面全体で高い解像力を示すのがふつうなので,球面収差を小さくすることの実用的意味は大きい。(2)コマ収差 単にコマcomaともいう。光軸から少し離れた物点に対し,その像がすい星のような形に広がって,画面中心から放射状に尾を引く現象(図b)。…

【意識】より

…したがって意識障害を現象的に記載するにあたっても,この二つの側面を念頭においてなされるのが普通である。 昏睡,昏迷,昏蒙,傾眠などは覚醒の程度を表すものであり,昏睡comaはどのような外界からの刺激に対してもまったく目覚めることのない最も深い意識障害に対して用いられ,傾眠somnolenceは呼びかけないかぎり,目を閉じてうとうととしているが,容易に目を覚まさせることのできるような軽い意識障害を示す。昏蒙benumbingと昏迷stuporはこの二つの中間段階に対して用いられ,通常後者のほうが前者より高度の意識障害を意味するものである。…

【応急手当】より

…目を開けたり,簡単な命令に応ずるが,ぼんやりしている状態を意識混濁とよぶ。大声で呼んでも反応はないが,強くつねると体の一部を動かす状態を半昏睡という。大声で呼んでも強くつねってもまったく反応しない状態を昏睡とよぶ。…

【糖尿病】より

…(3)糖,タンパク質,脂肪代謝などの広範な異常を招き,とくに血中グルコース(ブドウ糖)の蓄積,停滞が持続する。(4)口の渇き,多飲,多尿,急速な体重減少が生じやすく,重症になると昏睡におちいる。(5)細い小血管が障害されるために,網膜,腎臓,神経が侵されやすく,動脈硬化も促進される。…

※「昏睡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

昏睡の関連キーワード意識障害謝辞過ぎ何れ程評語LD50障害給付障害補償給付許し

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

昏睡の関連情報