コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有馬豊前守 ありま ぶぜんのかみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有馬豊前守 ありま-ぶぜんのかみ

?-1673* 江戸時代前期の剣術家。
有馬神道流刀槍(とうそう)を創始した父有馬乾信(けんしん)にまなび,徳川家康,のち家康の子の和歌山藩主徳川頼宣(よりのぶ)につかえた。乾信の孫などとする異説がある。寛文12年12月4日死去。名は秋重,満秋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

有馬豊前守の関連キーワード北村季吟カロンヴィルマンカロン道具屋節野呂松遣い延宝井原西鶴検地呉三桂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android