コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

せりふ尽し せりふづくし

世界大百科事典 第2版の解説

せりふづくし【せりふ尽し】

役者の名せりふ集。歌舞伎狂言の中で,ある特定の役者が評判をとった役の名せりふを集めて版行した小冊子。江戸では,早く延宝(1673‐81)ごろにその刊行がはじまっており,初期の歌舞伎台本の一部としても,歌舞伎研究上,貴重な資料といえる。その内容は,名のり,つらね,六方詞をはじめ,もの尽し,物売,早口,地口掛合,敵討物語,意見のせりふ,《暫》のせりふ,《助六》の男達(おとこだて)のせりふなど種々のものがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

せりふ尽しの関連キーワード正本

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android