コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部正徹 はっとり せいてつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部正徹 はっとり-せいてつ

1819-1860 江戸時代後期の囲碁棋士。
文政2年生まれ。越後(えちご)(新潟県)の人。家は代々医を業とした。井上幻庵内弟子となり,兄弟子服部雄節(ゆうせつ)にまなぶ。のち服部家をつぐ。安政6年7段にすすみ,御城碁をつとめた。万延元年死去。42歳。本姓は加藤。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

服部正徹の関連キーワード万延おらが春石田春律各務文献振鷺亭林国雄渡辺一閃緑岩粗粒玄武岩人情本

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone