朝に紅顔ありて夕べに白骨となる(読み)あしたにこうがんありてゆうべにはっこつとなる

  • あした
  • に 紅顔(こうがん)ありて夕(ゆう)べに白骨(はっこつ)となる

精選版 日本国語大辞典の解説

この世をわがもの顔に誇る若者の血色のよい顔も、たちまちに白骨となって朽ち果てるの意で、生死の測り知れないこと、世の無常なことにいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

この世をわがもの顔に誇る若者の血色のよい顔も、たちまちに白骨となって朽ち果てる。生死の計り知れないこと、世の無常なことのたとえ。

[解説] 「和漢朗詠集」の藤原義孝の詩の一節「朝に紅顔あって世路に誇れども、ゆふべに白骨となって郊原に朽ちぬ」によることば。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android