白骨(読み)はっこつ(英語表記)skeletal remains

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「白骨」の解説

白骨
はっこつ
skeletal remains

成人死体は,野外に放置されたときには夏は数週間,春秋は数ヵ月間で化し,土中に埋葬されたときには数年で白骨化する。白骨死体では,おもに骨盤,頭骨の形状,計測から性別が,恥骨結合面,頭蓋骨縫合,上腕骨頭の状態から年齢がわかり,四肢長骨の長さに一定の係数を掛けると身長が算出される。からだつきや顔つきのような個人的特徴がわかることもある。人骨と獣骨の別は,顕微鏡検査,血清学的検査,形態観察で判定できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「白骨」の解説

しら‐ほね【白骨】

〘名〙
① 漆などの塗ってないの骨。
※増鏡(1368‐76頃)一〇「内の上は、しらほねの御扇、左の御手に持たせ給て」
※高野山文書‐正応四年(1251)九月・高野山寺僧等盗取米銭資材注文「鞍三口内 貝鞍、墨鞍、白骨」

はっ‐こつ ハク‥【白骨】

〘名〙 風雨にさらされて白くなった骨。
※霊異記(810‐824)上「夫れ死霊白骨すら尚猶し此くの如し」
※撰集抄(1250頃)一「別れし野辺をみれば、〈略〉わづかに名残と見ゆるは形も侍らぬはっこつ也」 〔国語‐呉語〕

はく‐こつ【白骨】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「白骨」の解説

はっ‐こつ〔ハク‐〕【白骨】

風雨にさらされて白くなった骨。「白骨死体」「白骨化する」
[類語]人骨万骨骸骨

しら‐ほね【白骨】

うるしなどを塗っていない扇の骨やくら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「白骨」の解説

【白骨】はくこつ

枯骨。〔後漢書、劉盆子伝〕時に三輔大いにゑ、人相ひ(は)む。郭皆しく、白骨野を(おほ)ふ。~赤眉掠(ろりやく)するも、得る無し。十二、乃ち引きて東歸す。

字通「白」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android