藤原義孝(読み)ふじわらの よしたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原義孝 ふじわらの-よしたか

954-974 平安時代中期の官吏,歌人。
天暦(てんりゃく)8年生まれ。藤原伊尹(これただ)の4男。母は恵子女王。能書で有名な行成の父。右近衛(うこんえの)少将。中古三十六歌仙のひとりで,歌は「拾遺和歌集」などにはいっている。天延2年9月16日,流行病で朝に死んだ兄挙賢(たかかた)につづき,夕方に死去。21歳。兄の前少将にたいして後少将とよばれた。仏道に帰依(きえ)した説話がおおい。
【格言など】君がため惜しからざりし命さへ長くもがなと思ひけるかな(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原義孝

没年:天延2.9.16(974.10.4)
生年:天暦8(954)
平安中期の官人歌人。摂政伊尹と恵子女王(代明親王の娘)の子。「三蹟」のひとり,行成の父。東宮亮を経て,天禄2(971)年右近少将に進む。容姿に優れ,月明かりの夜に詩を吟じながら歩く姿は絶妙であったと『大鏡』は讃えている。道心が深く公務の合間にも「法華経」を誦し,ふだんから魚鳥を食べなかったという。藤原実資をはじめ極楽の世界にいる義孝を夢に見たという人が少なくなかった。歌人としてもすぐれ「君がため惜しからざりし命さへ長くもがなと思ひけるかな」が百人一首に採られている。流行の疱瘡に罹り21歳の若さで死んだ。同日の朝年子の兄挙賢に次ぐ死であったため,母の嘆きは比類なかったという。

(朧谷寿)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふじわらのよしたか【藤原義孝】

954~974) 平安中期の歌人。中古三十六歌仙の一人。伊尹の子。右少将。疱瘡のため兄挙賢と同日のうちに没。死後人の夢枕に立って詠んだという歌も残る。「拾遺和歌集」以下の勅撰集に入集。家集「義孝集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふじわら‐の‐よしたか【藤原義孝】

平安時代の歌人。一条摂政伊尹の子。母は恵子女王。行成の父。右少将正五位下。兄挙賢とともに美男で名高かったが、疱瘡のため挙賢は朝に義孝は夕に死んだ。兄を前少将、弟を後少将と称する。中古三十六歌仙の一人。家集「義孝集」。「拾遺集」以下の勅撰集に一一首入集。天暦八~天延二年(九五四‐九七四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤原義孝の関連情報