世路(読み)せいろ

精選版 日本国語大辞典「世路」の解説

せい‐ろ【世路】

〘名〙 の中を渡って行く道。世渡り。また、渡って行く世の中。世途。人生行路。せろ。
※文徳実録‐天安元年(857)一一月戊戌「彼飛鳥之葺草、流香之反魂、言於世路、是甚急者」
※発心集(1216頃か)七「殺生をこのみ世路(セイロ)をわしりつる人、いかが往生せむ」 〔後漢書‐崔駰伝〕

せ‐ろ【世路】

〘名〙 =せいろ(世路)温故知新書(1484)〕
の山(1891)〈川上眉山〉五「世路(セロ)の行手の一大障礙」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「世路」の解説

せい‐ろ【世路】

世の中を渡っていくこと。また、渡る世の中。せろ。
「―の辛酸人情の向背を心得たる男」〈露伴・寝耳鉄砲〉

せ‐ろ【世路】

せいろ(世路)」に同じ。
「―の困難ふんでも見ず」〈一葉・うもれ木〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「世路」の解説

【世路】せいろ

世わたり。・劉峻〔広絶交論〕嗚呼(ああ)、世路の險(けんぎ)なること、一に(ここ)に至る。太行・孟門(ともに山の名)も、に嶄(ざんぜつ)と云はんや。

字通「世」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android