コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝倉君 あさくらのきみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝倉君 あさくらのきみ

?-? 飛鳥(あすか)時代の豪族。
名は不明。「日本書紀」によれば,東国国司の長官紀麻利耆拕(きの-まりきた)らに勝手に馬の品定めをされたり,弓,布をとりあげられるなどの狼藉(ろうぜき)をうけ,大化2年(646)東国国司らは罪があるとされた。また塩屋鯯魚(しおやの-このしろ)ら5人とともに,恭順の意をしめしているとして孝徳天皇から賞された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝倉君の関連情報