コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝倉君 あさくらのきみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝倉君 あさくらのきみ

?-? 飛鳥(あすか)時代の豪族。
名は不明。「日本書紀」によれば,東国国司の長官紀麻利耆拕(きの-まりきた)らに勝手に馬の品定めをされたり,弓,布をとりあげられるなどの狼藉(ろうぜき)をうけ,大化2年(646)東国国司らは罪があるとされた。また塩屋鯯魚(しおやの-このしろ)ら5人とともに,恭順の意をしめしているとして孝徳天皇から賞された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android