コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狼藉 ロウジャク

4件 の用語解説(狼藉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ろう‐じゃく〔ラウ‐〕【××藉】

狼藉日」の略。
ろうぜき(狼藉)

ろう‐ぜき〔ラウ‐〕【××藉】

《「史記」滑稽伝による。狼(おおかみ)は寝るとき下草を藉(ふ)み荒らすところから》
[名]無法な荒々しい振る舞い。乱暴な行い。「―を働く」「乱暴―」
[ト・タル][文][形動タリ]物が乱雑に取り散らかっているさま。「落花―たる公園」
「杯やお膳や三味線などの―としたなかにすわって」〈倉田出家とその弟子

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ろうじゃく【狼藉】

ろうぜき(狼藉) 」に同じ。
狼藉日 」の略。

ろうぜき【狼藉】

〔「史記滑稽伝」による。狼おおかみが草を藉いて寝たあとの、草の乱れた状態の意〕
( 名 ) スル
乱暴なふるまいをすること。また、そのようなふるまい。 「乱暴-」 「何者だ-するのは/鉄仮面 涙香
( トタル ) [文] 形動タリ 
物が乱雑に散らかっている・こと(さま)。 「落花-」 「盃盤-として葉山は既に桜色の機嫌/多情多恨 紅葉
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
に同じ。 「家内-なる其家の門前に/文明論之概略 諭吉

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の狼藉の言及

【苅田狼藉】より

…イェーリングも自力救済は単なる力ずくの権利の回復であって,素朴な正義に深く根ざした実力行使として秩序ある司法制度と調和する必然性があると説いている。しかし,日本では鎌倉後半期より,対抗する相手があって,幕府に訴えたときは,判断の未済の間にする実力行使として,社会秩序を乱すため〈狼藉〉と呼ばれるようになり,1310年(延慶3)以来処罰の対象とされた。これ以後〈苅田〉という行為は単なる暴力行為と混同され,個人の権利の正当性の認定権はしだいに幕府に奪取されるようになり,この制度は室町幕府に継承された。…

※「狼藉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

狼藉の関連キーワードタスマニアオオカミ狼座大口の五牲袋狼大岡越前守オオカミ(狼)チョウセンオオカミヌクテイ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

狼藉の関連情報