朝吹 常吉(読み)アサブキ ツネキチ

20世紀日本人名事典の解説

朝吹 常吉
アサブキ ツネキチ

明治〜昭和期の実業家 三越社長;帝国生命保険社長。



生年
明治11(1878)年5月

没年
昭和30(1955)年3月10日

出生地
東京・三田

学歴〔年〕
慶応義塾理財科〔明治29年〕卒

経歴
三井財閥の実業家英二の長男。イギリスに留学、明治34年日本銀行に入ったが、39年退社。三井物産、鐘紡などに勤めた後、大正2年三越呉服店常務取締役となり、14年帝国生命保険(朝日生命の前身)社長に就任。その間、東京芝浦電気王子製紙、台湾製糖など三井系の重役を兼務した。昭和18年帝国生命社長を辞任、三越の社長、会長を一時務めた。磯子夫人とテニス普及にも尽力、大正11年には日本庭球協会を創立した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝吹 常吉の関連情報