朝吹 常吉(読み)アサブキ ツネキチ

20世紀日本人名事典の解説

朝吹 常吉
アサブキ ツネキチ

明治〜昭和期の実業家 三越社長;帝国生命保険社長。



生年
明治11(1878)年5月

没年
昭和30(1955)年3月10日

出生地
東京・三田

学歴〔年〕
慶応義塾理財科〔明治29年〕卒

経歴
三井財閥の実業家英二の長男。イギリスに留学、明治34年日本銀行に入ったが、39年退社。三井物産、鐘紡などに勤めた後、大正2年三越呉服店常務取締役となり、14年帝国生命保険(朝日生命の前身)社長に就任。その間、東京芝浦電気王子製紙、台湾製糖など三井系の重役を兼務した。昭和18年帝国生命社長を辞任、三越の社長、会長を一時務めた。磯子夫人とテニス普及にも尽力、大正11年には日本庭球協会を創立した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android