コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサ

8件 の用語解説(朝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あさ【朝】

夜が明けて間もない時。また、夜明けから正午ごろまでの間。「が来る」「から夜まで」
[補説]気象庁天気予報等では、午前6時頃から午前9時頃までを指す。→未明明け方
作品名別項。→

あした【朝】

夜の明けるころ。あさ。⇔夕べ
「吾を呼び醒ませし―の使は彼なりけるよと」〈蘆花不如帰
次の日の朝。翌朝。
「野分(のわき)の―こそをかしけれ」〈徒然・一九〉

ちょう〔テウ〕【朝】

あさ。あした。
朝廷。
一人の君主が国を治めている期間。また、ある系統の君主たちの治めていた期間。御代(みよ)。御宇(ぎょう)。「桓武の」「ビクトリア
君主が治めている国。
「―の政をつかさどり」〈平家・二〉
人の集まる所。にぎやかな所。まちなか。
「かだましきも―にあって罪ををかす」〈平家・六〉

ちょう【朝】[漢字項目]

[音]チョウ(テウ)(漢) [訓]あさ あした
学習漢字]2年
〈チョウ〉
あさ。「朝食朝夕朝礼一朝元朝(がんちょう)今朝(こんちょう)早朝明朝(みょうちょう)
天子が政治をとる所。「朝議朝臣(ちょうしん)朝廷朝野王朝参朝天朝
宮中に参内して天子にお目にかかる。「朝賀朝見
天子の統治する期間。「明朝(みんちょう)歴朝奈良朝
日本の朝廷、また、日本のこと。「帰朝入朝本朝来朝
「朝鮮」「朝鮮民主主義人民共和国」の略。「日朝・米朝」
〈あさ〉「朝寝朝日朝夕毎朝
[名のり]かた・さ・つと・とき・とも・のり・はじめ
[難読]朝臣(あそん)後朝(きぬぎぬ)今朝(けさ)

あさ【朝】[書名]

《原題、〈イタリアMattino》イタリアの詩人、パリーニの詩。4部作「一日」の第1作。1763年刊行。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あさ【朝】

夜が明けてからしばらくの間。または、正午までの間。 「 -が来る」 「 -早く起きる」

ちょう【朝】

あさ。あした。
天子が政治を行う所。朝廷。
天子が統治していること。また、その国。 「 -の政をつかさどり給ひしより/平家 2
にぎやかな所。市中。 「かだましきもの-にあつて罪ををかす/平家 6

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


あさ

夜明け(太陽の中心が地平線下7度21分40秒のとき。日の出時刻の約35分前。江戸時代明け六つ)のころからしばらくの間のこと。日最低気温は通常、朝、日の出の直前に観測される。天気予報では、日の出から午前9時ごろまでを朝としている。[平塚和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【宮廷】より


【ヨーロッパ】
 君侯とそれを取り巻く廷臣たちの集団が宮廷であるが,歴史上宮廷は,政治的・文化的にしばしば重要な役割を演じた。すでに中世初期カロリング朝(752‐987)において,カール大帝の宮廷が学芸復興に大きく貢献したことはよく知られている。大帝はアーヘンの宮廷に,イギリスからアルクインを招くなどして,いわゆるカロリング・ルネサンスの拠点としたのであった。…

※「朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朝の関連情報