コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝来群山県立自然公園(読み)あさごぐんざんけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝来群山県立自然公園
あさごぐんざんけんりつしぜんこうえん

兵庫県中東部の山岳地帯を占める自然公園。面積 147.66km2。 1958年指定。 1991年区域変更。朝来市丹波市多可町にまたがり,粟鹿山 (962m) を主峰とし,朝来山,青倉山などが群立する。域内には渓谷美やダムで知られる市川の源流黒川沿いの生野渓谷,サクラの名所立雲峡,カエデで有名な遠谿祖雄禅師ゆかりの高源寺などの景勝地や中世の竹田城跡 (国指定史跡) ,鎌倉時代の石仏群で知られる岩屋観音などの文化財がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android