コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝比奈泰栄 あさひな やすしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝比奈泰栄 あさひな-やすしげ

?-? 戦国-江戸時代前期の武士。
北条氏につかえ,北条氏規(うじのり)が伊豆(いず)韮山(にらやま)城(静岡県)城主のときの執政。天正(てんしょう)18年(1590)豊臣秀吉の小田原攻めで敗れた氏規,その子氏盛(うじもり)とともに高野山にはいる。慶長5年氏盛が河内(かわち)(大阪府)狭山(さやま)藩主になると執政となった。元和(げんな)のころに77歳で没したという。通称は右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android