コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝比奈泰栄 あさひな やすしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝比奈泰栄 あさひな-やすしげ

?-? 戦国-江戸時代前期の武士。
北条氏につかえ,北条氏規(うじのり)が伊豆(いず)韮山(にらやま)城(静岡県)城主のときの執政。天正(てんしょう)18年(1590)豊臣秀吉の小田原攻めで敗れた氏規,その子氏盛(うじもり)とともに高野山にはいる。慶長5年氏盛が河内(かわち)(大阪府)狭山(さやま)藩主になると執政となった。元和(げんな)のころに77歳で没したという。通称は右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝比奈泰栄の関連キーワード朝比奈泰澄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android