コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韮山 にらやま

3件 の用語解説(韮山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

韮山
にらやま

静岡県東部,伊豆の国市北部の旧町域。伊豆半島の基部にある。 1962年町制。 2005年伊豆長岡町,大仁町と合体して伊豆の国市となった。中心集落の韮山は狩野川右岸に位置し,弥生時代山木遺跡源頼朝が流された蛭ヶ小島北条早雲の韮山城跡,江戸時代韮山代官江川家住宅 (国指定重要文化財) や反射炉,願成就院跡伝堀越御所跡 (いずれも国指定史跡) など旧跡が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にらやま【韮山】

静岡県伊豆の国市の地名。伊豆半島北部に位置する。源頼朝が流された蛭(ひる)ヶ島、幕末に築造された反射炉などの史跡がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

韮山
にらやま

静岡県東部、田方(たがた)郡にあった旧町名(韮山町(ちょう))。現在は伊豆の国市の北部を占める地域。伊豆(いず)半島北部、田方平野中央部に位置する農業と史跡観光の町。旧韮山町は1962年(昭和37)町制施行。2005年(平成17)伊豆長岡町、大仁(おおひと)町と合併、市制施行して伊豆の国市となる。伊豆箱根鉄道が通じ、地域に原木、韮山、伊豆長岡の3駅があり、国道136号が通じる。東部は箱根山から南下する多賀火山地域の丘陵、台地で、地域の60%を占める。西部は狩野(かの)川が形成する田方平野で、肥沃(ひよく)な水田地帯。弥生(やよい)時代以来稲作が行われてきた。農業は米作、イチゴ栽培をはじめトマト、花卉(かき)などの施設園芸が盛ん。イチゴのビニルハウス栽培は質・量ともに優れ、観光イチゴ狩りが定着している。酪農も行う。近年、別荘地の開発が進んでいる。東部には富士見パークウェーが伊豆スカイラインと結び、奥伊豆への入口となっている。弥生時代の水田跡から田舟、田下駄(げた)などが出土した山木(やまき)遺跡、源頼朝(よりとも)が配流され、源氏再興の旗揚げにゆかりの蛭ヶ小島(ひるがこじま)、北条時政(ほうじょうときまさ)創建の願成就院(がんじょうじゅいん)(国指定史跡)など史跡に富む。願成就院の阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう)(国指定重要文化財)は運慶作で、胎内から北条政子(まさこ)の遺髪が発見された。戦国時代、北条早雲は韮山を根拠地とし、江戸時代には韮山代官江川家が伊豆の幕府直轄地を治めた。江川邸は国指定重要文化財であり、幕末に江川英龍(ひでたつ)(太郎左衛門)が築造した韮山反射炉(国指定史跡)とともに有名である。[川崎文昭]
『『韮山町史』全17冊(1979~1999・韮山町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

韮山の関連キーワード静岡県伊豆の国市小坂静岡県伊豆の国市神島静岡県伊豆の国市北江間静岡県伊豆の国市古奈静岡県伊豆の国市寺家静岡県伊豆の国市田京静岡県伊豆の国市中静岡県伊豆の国市長岡静岡県伊豆の国市奈古谷静岡県伊豆の国市吉田

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

韮山の関連情報