コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮出漁 ちょうせんしゅつりょう

1件 の用語解説(朝鮮出漁の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせんしゅつりょう【朝鮮出漁】

明治期の日本漁業は沿岸漁業が爛熟期に達し,その生産が頭打ち伸び悩み状態に立ちいたったので,対応策の一つとして海外漁業への進出が増加し,中でも朝鮮近海への出漁が最大の比重を占めた。明治初年から西南日本の漁民で朝鮮近海に出漁した事例は知られていたが,明治維新後しばらくは日韓両国の国交は絶えていたし,1876年に批准された日朝修好条規には漁業条約がなく,それが日の目をみたのは83年締結の日鮮貿易条約の規定をうけて,90年に日本朝鮮両国通漁規則が公布されてからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朝鮮出漁の関連キーワード沿岸漁業海面漁業許可漁業北洋漁業沿海漁業沿岸漁業等振興法沿岸漁業改善資金漁業権漁業水産業改良普及事業県の漁業

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone