日朝修好条規(読み)ニッチョウシュウコウジョウキ

百科事典マイペディアの解説

日朝修好条規【にっちょうしゅうこうじょうき】

日本・朝鮮間の最初の通商条約。江華条約とも。1876年調印。朝鮮の開国を強く要求していた日本政府が江華島事件を機に結んだ条約。この条約によって,朝鮮は自主独立の国であることを宣言。釜山ほか2港を開き,ソウルに日本公使館,各港に領事館をおき,日本人の領事裁判権を承認した。鎖国攘夷策を採用する朝鮮は清を中心とする冊封体制の枠内で日本との友好関係修復を求めたのに対し,日本は江戸時代の朝鮮通信使以来の交隣関係から近代資本主義の国際法に基づく関係への変換を求めた。両者の立場の違いは条約実施にあたって対立を生み,この対立が壬午軍乱まで続いた。
→関連項目井上馨居留地黒田清隆崔益鉉仁川征韓論李朝(朝鮮)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にっちょうしゅうこうじょうき【日朝修好条規】

江華島事件(1875)のあと,日本と朝鮮とのあいだで1876年2月26日に,朝鮮の江華府で結ばれた〈大日本大朝鮮修好条規〉のこと。江華条約とも言う。日本側の黒田清隆,井上馨両全権,朝鮮側の(しんけん),尹滋承両全権によって調印された。内容は全12款から成り,主要には次の4点である。(1)朝鮮は〈自主〉の国で,日本と〈平等〉な権利を有すること(第1款)。(2)使節の相互往来と滞在(第2款)。(3)朝鮮は釜山以外に新たに2港を開くこと(第4,5款。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日朝修好条規
にっちょうしゅうこうじょうき

江華島(こうかとう)事件を口実に、日本政府が李(り)氏朝鮮政府に締結を迫り、朝鮮を資本主義世界に初めて開国させた条約。江華条約ともいう。1876年(明治9)2月26日、朝鮮の江華府で、日本の全権、黒田清隆(きよたか)、井上馨(かおる)と、朝鮮側代表、申(しんけん)、尹滋承(いんじしょう)との間に調印され、その日から発効した。この修好条規は、同年8月24日調印された同条規付録、朝鮮国議定諸港において日本国人民貿易規則および、修好条規付録に付属する往復文書と一体のもので、日本政府はこれらの取決めによって、朝鮮に一方的な不平等を強いた。領事裁判権、日本諸貨幣の流通、輸出入商品いっさいの関税免除などがそれであり、これら一連の特権によって、近代日本の朝鮮侵略が始められたのである。[中塚 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

にっちょう‐しゅうこうじょうき ニッテウシウカウデウキ【日朝修好条規】

明治九年(一八七六)、朝鮮の江華府で調印された日本と朝鮮の条約。同八年の江華島事件を口実に締結。朝鮮が自主独立国であることを宣言、釜山・元山・仁川の開港、日本の在外公館の設置、領事裁判権を認めたもの。全体的に幕末の安政諸条約に似た不平等条約を朝鮮に押しつけ、韓国の鎖国政策を破った。江華条約。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の日朝修好条規の言及

【日朝貿易】より

…しかし近世後期における貿易不振は避けられず,理由をつけては幕府から下賜金や拝借金を受けて,経営を続けるありさまであった。【田代 和生】
[近代――日本の朝鮮支配へ]
 近代以降の日朝貿易は1876年の日朝修好条規,同付録,日朝通商章程で再開されるが,日本は治外法権,低額関税,金などへの免税権,開港地での日本貨幣使用権などに支えられ,朝鮮を経済的にも侵略した。初めは日本が朝鮮貿易を独占したが,1882年以降,清国商人も参加しはじめ,日本と清国の対立・抗争がしだいに激化し,やがて日本の朝鮮支配権獲得を意図した日清戦争が開始される。…

※「日朝修好条規」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日朝修好条規の関連情報