朝鮮日日新聞(読み)ちょうせんにちにちしんぶん

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせんにちにちしんぶん【朝鮮日日新聞】

朝鮮で発行された日刊の植民地新聞。1920年7月1日《京城日日新聞》として創刊。朝鮮総督府の代弁機関とみられていた《京城日報》などに対抗する〈民論〉発揚の新聞として出発した。22年には《京城日報》の2万7000部に対して《京城日日新聞》は約8000部と,他紙の《釜山日報》の1万5000部,《朝鮮日報》の1万1000部にも及ばず(《日本記者年鑑》),経営状態はよくなかった。31年3月15日前京城日報社支配人鮫島宗也の手に経営権が移り,《朝鮮日日》と改題した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android