朝鮮日日新聞(読み)ちょうせんにちにちしんぶん

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせんにちにちしんぶん【朝鮮日日新聞】

朝鮮で発行された日刊の植民地新聞。1920年7月1日《京城日日新聞》として創刊。朝鮮総督府の代弁機関とみられていた《京城日報》などに対抗する〈民論〉発揚の新聞として出発した。22年には《京城日報》の2万7000部に対して《京城日日新聞》は約8000部と,他紙の《釜山日報》の1万5000部,《朝鮮日報》の1万1000部にも及ばず(《日本記者年鑑》),経営状態はよくなかった。31年3月15日前京城日報社支配人鮫島宗也の手に経営権が移り,《朝鮮日日》と改題した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android