コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮日日新聞 ちょうせんにちにちしんぶん

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせんにちにちしんぶん【朝鮮日日新聞】

朝鮮で発行された日刊の植民地新聞。1920年7月1日《京城日日新聞》として創刊。朝鮮総督府の代弁機関とみられていた《京城日報》などに対抗する〈民論〉発揚の新聞として出発した。22年には《京城日報》の2万7000部に対して《京城日日新聞》は約8000部と,他紙の《釜山日報》の1万5000部,《朝鮮日報》の1万1000部にも及ばず(《日本記者年鑑》),経営状態はよくなかった。31年3月15日前京城日報社支配人鮫島宗也の手に経営権が移り,《朝鮮日日》と改題した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

朝鮮日日新聞の関連キーワードグローバルアドレスコンモドゥスサブネットマスク健康余命サブネットマスク静的IPマスカレード田中卓志ギガナビスナビス

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android