発揚(読み)はつよう

精選版 日本国語大辞典「発揚」の解説

はつ‐よう ‥ヤウ【発揚】

〘名〙
① 精神や気分が高まること。また、精神や気分をふるいたたせること。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)八「とりつづり発して論也」
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉一〇「あのとき一時発現した力の感じ、発揚(ハツヤウ)心状は、すぐに迹もなく消え失せてしまって」 〔礼記‐楽記〕
② 輝くようにすること。輝いて広がるようにすること。
日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉五「王室を尊ぶの人情は二氏の間に至りて大に世に発揚したり」
③ 人材を挙げ用いること。
※本朝続文粋(1142‐55頃)一・参安楽寺詩〈大江匡房〉「若人有隠伏、発揚更無遅」 〔後漢書‐樊準伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「発揚」の解説

はつ‐よう〔‐ヤウ〕【発揚】

[名](スル)
精神や気分が高まること。意気を奮い立たせること。「民族意識が発揚する」「士気を発揚する」
威光・勢威などを盛んにすること。
「新文明国の名声を―し」〈福沢福翁百話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「発揚」の解説

【発揚】はつよう(やう)

あげあらわす。〔礼記、楽記〕夫(そ)れ樂はに象るなり。~發揚蹈するは、太なり。の亂(をは)りに皆坐(ひざまづ)くは、召の治なり。

字通「発」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android