コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京城日報 けいじょうにっぽう

2件 の用語解説(京城日報の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいじょうにっぽう【京城日報】

朝鮮で発行された日刊の植民地新聞で,朝鮮総督府の準官報的な役割を果たした。日韓併合(1910)直前の1906年9月1日,韓国統監伊藤博文の命名で,《漢城新報》と《大東日報》の2紙を買収合併して創刊。京城日報社刊。《大韓毎日申報(しんぽう)》をはじめとして,抗日の論陣を張る朝鮮語新聞に対し,同時期に創刊された英字新聞ソウルプレスThe Seoul Press》とともに日本統監府の強力な言論機関であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京城日報
けいじょうにっぽう

第二次世界大戦前、京城(現ソウル)で発行されていた日本の植民地最大の新聞。韓国統監伊藤博文(ひろぶみ)が、朝鮮統治の徹底を図るため、『漢城新報』『大東日報』の2邦字紙を買収して、1906年(明治39)9月1日創刊、伊東祐侃(ゆうかん)が経営にあたった。10年8月、韓国併合で朝鮮総督府が設置されると徳富猪一郎(いいちろう)(蘇峰(そほう))が経営を監督、以後、総督府の機関紙として「内鮮一体」の実をあげるため、朝鮮半島の実情を伝え、同時に民衆の指導啓発にあたることを至上の任務とした。昭和に入ると、総督が交替すると社長も交替するなど、総督府と一体になってその施策の実現に大きな役割を果たした。敗戦後の45年(昭和20)10月1日、日本人職員が退社、朝鮮人従業員に新聞を委譲してその役割を終えた。[春原昭彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

京城日報の関連キーワード植民地地方紙横浜毎日新聞印紙条例光復節朝刊朝鮮本夕刊休刊日朝鮮半島からの徴用

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

京城日報の関連情報