コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京城日報 けいじょうにっぽう

世界大百科事典 第2版の解説

けいじょうにっぽう【京城日報】

朝鮮で発行された日刊の植民地新聞で,朝鮮総督府の準官報的な役割を果たした。日韓併合(1910)直前の1906年9月1日,韓国統監伊藤博文の命名で,《漢城新報》と《大東日報》の2紙を買収合併して創刊。京城日報社刊。《大韓毎日申報(しんぽう)》をはじめとして,抗日の論陣を張る朝鮮語新聞に対し,同時期に創刊された英字新聞《ソウル・プレスThe Seoul Press》とともに日本統監府の強力な言論機関であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京城日報
けいじょうにっぽう

第二次世界大戦前、京城(現ソウル)で発行されていた日本の植民地最大の新聞。韓国統監伊藤博文(ひろぶみ)が、朝鮮統治の徹底を図るため、『漢城新報』『大東日報』の2邦字紙を買収して、1906年(明治39)9月1日創刊、伊東祐侃(ゆうかん)が経営にあたった。10年8月、韓国併合で朝鮮総督府が設置されると徳富猪一郎(いいちろう)(蘇峰(そほう))が経営を監督、以後、総督府の機関紙として「内鮮一体」の実をあげるため、朝鮮半島の実情を伝え、同時に民衆の指導啓発にあたることを至上の任務とした。昭和に入ると、総督が交替すると社長も交替するなど、総督府と一体になってその施策の実現に大きな役割を果たした。敗戦後の45年(昭和20)10月1日、日本人職員が退社、朝鮮人従業員に新聞を委譲してその役割を終えた。[春原昭彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

京城日報の関連キーワード御手洗 辰雄楠目 橙黄子細木原 青起小松 謙次郎吉野 左衛門キム・タルス勝田 重太朗朝鮮日日新聞吉野左衛門吉川 兼光副島 道正池田 林儀鶴田 吾郎薄田 斬雲大山 覚威細木原青起難波 英夫池田 秀雄丸山 幹治熊谷 直亮

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android