コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮日報 チョウセンニッポウ

デジタル大辞泉の解説

ちょうせん‐にっぽう〔テウセン‐〕【朝鮮日報】

大韓民国の朝刊新聞の一つ。1920年創刊で同国最大の部数を誇る。保守的論調で漢字の復活を主張し、ハンギョレなどと対立することもある。発行部数は約176万部(2013年)。チョソンイルボ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせんにっぽう【朝鮮日報】

韓国の新聞。三・一独立運動の翌1920年3月に創刊。当初朝鮮人実業家による実業新聞の性格を帯びていたが,24年社長に李商在,主筆に安在鴻が就任して以来左派民族主義の立場に立ち,新幹会の機関紙的役割も果たした。30年代には方応謨が一般紙として経営の拡張に努め,雑誌《朝光》も発行したが,40年8月総督府の圧力で廃刊。解放後の45年11月再刊され中道右派の立場をとった。その後〈不偏不党〉を掲げて《東亜日報》と並んで韓国の代表的な日刊紙として現在(朝刊のみ)に至っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝鮮日報
ちょうせんにっぽう / チョソンイルボ

韓国で最大の発行部数をもつ日刊新聞。欧文表記はChosun Ilbo。創刊は1920年3月で韓国でもっとも長い歴史がある。日本植民地統治下、抗日運動、民衆啓蒙(けいもう)を紙面展開したことによって、当局の厳しい監視と取締りの対象となり、1940年日中戦争勃発(ぼっぱつ)により朝鮮総督府から強制的に廃刊を命じられるまでの20年間に、4回の発行停止と500回の押収措置を受けた。1945年に復刊後、朝鮮戦争によって4か月間休刊したが、1960年以降は、施設の大幅な拡充、取材報道の充実、拡大により本格的に発展した。右派、保守派から幅広い支持を得ている。堅実な記事で固定読者が多い一方、韓流エンターテインメント・芸能情報も豊富。2001年韓国の新聞としては初めて日本語サイトを開設、情報量の豊富さで人気がある。発行部数184万部(2009年、韓国ABC協会)。[木村綾子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

朝鮮日報の関連キーワードキム・ジョンハン(金廷漢)ヨム・サンソプ(廉想渉)韓国官公庁の記者室統廃合安在鴻(あんざいこう)イ・グァンス(李光洙)チョン イヒョン朝鮮日日新聞チャン ジン小野 蕪子葛生能久崔 仁浩朴 啓馨小野蕪子黄 晳暎趙 甲済金 星煥鄭 浩承許 文道中央日報李 御寧

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝鮮日報の関連情報