期限の利益(読み)キゲンノリエキ

デジタル大辞泉の解説

きげん‐の‐りえき【期限の利益】

期限が定められていることによって債務者が受ける利益。例えば、借金の返済期限が設定されている場合、債務者は期限が到来するまでは返済する義務はなく、また返済を求められることもない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

事業再生用語集の解説

期限の利益

約束した期限が来るまでは返済しなくてもいいという債務者の権利。一定期限の中で分割返済できるという権利でもあり、債権者はこの権利を債務者に与える代わりに金利を取ることができる。類義語に「約定」がある。

出典 (株)セントラル総合研究所事業再生用語集について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きげん【期限】 の 利益(りえき)

法律行為に期限がつけられることによって生ずる当事者の利益。債務者が期限の到来するまでは債務を履行しないでよいという利益など。
民法(明治二九年)(1896)一三六条「期限の利益は之を抛棄することを得」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の期限の利益の言及

【期限】より

…このことは,債務者にとって履行が猶予されていることを意味する。これを〈期限の利益〉という。債務者は,債権者を害しないかぎり期限の利益を放棄できるとともに,一定の事由(破産宣告など)が生じた場合にはこれを喪失する(民法137条)。…

※「期限の利益」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android