朧豆腐(読み)オボロドウフ

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

おぼろどうふ【朧豆腐】

①豆乳ににがりを加え、固まりきる前にすくい上げた、やわらかい豆腐。◇「くみ豆腐」「くみ出し豆腐」ともいう。
②丸くかたどった豆腐を湯通しし、くずあんをかけた料理。◇下の丸い豆腐が、くずあんを通しておぼろ月のように見えることからこの名がある。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

おぼろどうふ【朧豆腐】

豆乳に苦汁にがりを加え、固まりきらないうちにすくいあげた、軟らかな豆腐。汁の実などにする。汲み豆腐。
〔葛餡くずあんを通して下の豆腐がおぼろげに見えることから〕 豆腐を湯煮にして葛餡をかけた料理。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼろ‐どうふ【朧豆腐】

〘名〙
① 豆乳に苦汁(にがり)を加えて、完全に固まらないうちにすくって水気をきり、汁の実として浮かすやわらかい豆腐。汁の中で実が完全に固まっていない様子を春のおぼろに見立てていう。汲み豆腐。
俳諧・金鋼砂(1680‐81頃)上「豆腐誰里霞む埋れ水〈曲言〉」
② 豆腐を布巾(ふきん)に包んで水気を切り、裏ごしにかけてすりつぶし、種々の調味料を加え、強い火でいりつけたもの。
③ 豆腐を湯煮したのち、葛餡(くずあん)をかけたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朧豆腐の関連情報