コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苦汁 クジュウ

5件 の用語解説(苦汁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

く‐じゅう〔‐ジフ〕【苦汁】

にがい汁。
つらい経験。「苦汁を飲まされる」

にがり【苦汁/滷汁】

海水から食塩を析出させたあとの残液。苦みがあり、主成分塩化マグネシウム。豆腐の凝固剤などに使用。苦塩(にがしお)。くじゅう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にがり【苦汁 bittern】

海水または鹹水(かんすい)を濃縮して塩を採取した残りの比重1.3程度の粘稠(ねんちゆう)な溶液。主成分は塩化マグネシウムで,独特な刺激のある苦みを有する。にがりは豆腐の凝固剤として古くから使用され,安政(1854‐60)のころからボウ硝(硫酸ナトリウムの10水塩)の製造も行われてきた。しかし,にがり工業と名付けられる形態を整えたのは,明治の末ごろで,まず炭酸マグネシウムの製造が始まった。続いて第1次世界大戦後のカリ塩の欠乏により1915年ごろからカリの採取が始まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くじゅう【苦汁】

にがみのある汁。にがい汁。転じて、苦い経験。 → 苦渋(補説欄)
[句項目]

にがり【苦汁】

海水から食塩を晶出させたあとの溶液。苦みをもつ。塩化マグネシウム・硫酸マグネシウム・塩化カリウムなどを含み、古くから豆腐を固める材料として用いられる。にがしお。くじゅう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

苦汁の関連キーワード海水魚鹹水鹹水魚鹹水湖塩屋煎熬苦り濃縮果汁減圧濃縮濃縮ダイズタンパク質

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

苦汁の関連情報