コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苦汁 クジュウ

5件 の用語解説(苦汁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

く‐じゅう〔‐ジフ〕【苦汁】

にがい汁。
つらい経験。「苦汁を飲まされる」

にがり【苦汁/滷汁】

海水から食塩を析出させたあとの残液。苦みがあり、主成分塩化マグネシウム。豆腐の凝固剤などに使用。苦塩(にがしお)。くじゅう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にがり【苦汁 bittern】

海水または鹹水(かんすい)を濃縮して塩を採取した残りの比重1.3程度の粘稠(ねんちゆう)な溶液。主成分は塩化マグネシウムで,独特な刺激のある苦みを有する。にがりは豆腐の凝固剤として古くから使用され,安政(1854‐60)のころからボウ硝(硫酸ナトリウムの10水塩)の製造も行われてきた。しかし,にがり工業と名付けられる形態を整えたのは,明治の末ごろで,まず炭酸マグネシウムの製造が始まった。続いて第1次世界大戦後のカリ塩の欠乏により1915年ごろからカリの採取が始まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くじゅう【苦汁】

にがみのある汁。にがい汁。転じて、苦い経験。 → 苦渋(補説欄)
[句項目]

にがり【苦汁】

海水から食塩を晶出させたあとの溶液。苦みをもつ。塩化マグネシウム・硫酸マグネシウム・塩化カリウムなどを含み、古くから豆腐を固める材料として用いられる。にがしお。くじゅう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

苦汁の関連情報