苦汁(読み)クジュウ

世界大百科事典 第2版の解説

にがり【苦汁 bittern】

海水または鹹水(かんすい)を濃縮して塩を採取した残りの比重1.3程度の粘稠(ねんちゆう)な溶液。主成分は塩化マグネシウムで,独特な刺激のあるみを有する。にがりは豆腐の凝固剤として古くから使用され,安政(1854‐60)のころからボウ硝(硫酸ナトリウムの10水塩)の製造も行われてきた。しかし,にがり工業と名付けられる形態を整えたのは,明治の末ごろで,まず炭酸マグネシウムの製造が始まった。続いて第1次世界大戦後のカリ塩の欠乏により1915年ごろからカリの採取が始まった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くじゅう【苦汁】

にがみのある汁。にがい汁。転じて、苦い経験。 → 苦渋(補説欄)
[句項目] 苦汁を嘗める

にがり【苦汁】

海水から食塩を晶出させたあとの溶液。苦みをもつ。塩化マグネシウム・硫酸マグネシウム・塩化カリウムなどを含み、古くから豆腐を固める材料として用いられる。にがしお。くじゅう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

く‐じゅう ‥ジフ【苦汁】

〘名〙
① にがい
② (転じて) にがい経験。くるしみ。
※日本文化論のあり方(1956)〈桑原武夫〉「戦争の苦汁(クジュウ)を毛穴のすべてから感じとった」
海水を煮つめて製塩した後に残る母液。にがり。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

苦汁の関連情報