木の実(読み)キノミ

デジタル大辞泉の解説

き‐の‐み【木の実】

木になる果実。このみ。

こ‐の‐み【木の実】

木になる果実。きのみ。 秋》「降りくるは栗鼠(りす)がこぼせし―かな/秋桜子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きのみ【木の実】

木になった果実。このみ。 [季] 秋。
[句項目] 木の実は本へ落つ

このみ【木の実】

樹木になる果実。きのみ。 [季] 秋。 〔クリ・クルミなど果皮の堅いものをいうことが多い〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き【木】 の 実(み)

① 木になる果実。このみ。
※サントスの御作業(1591)二「Amendoas ト ユウ qinomi(キノミ)、アルイワ シュカウ ヲ ヨウイセラル」
② 椿の実。
※俳諧・篗纑輪(1753)「木(キ)の実(ミ)〈略〉椿の実也 畿内江東の方言椿の実を木の実と云て其油を女の髪に用ゆ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木の実の関連情報