木の実(読み)キノミ

デジタル大辞泉の解説

き‐の‐み【木の実】

木になる果実。このみ。

こ‐の‐み【木の実】

木になる果。きのみ。 秋》「降りくるは栗鼠(りす)がこぼせし―かな/秋桜子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

き【木】 の 実(み)

① 木になる果実。このみ。
※サントスの御作業(1591)二「Amendoas ト ユウ qinomi(キノミ)、アルイワ シュカウ ヲ ヨウイセラル」
② 椿の実。
※俳諧・篗纑輪(1753)「木(キ)の実(ミ)〈略〉椿の実也 畿内江東の方言椿の実を木の実と云て其油を女の髪に用ゆ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報