コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗鼠 クリネズミ

デジタル大辞泉の解説

くり‐ねずみ【××鼠】

リス別名
栗鼠色」の略。
馬の毛色の名。栗毛にねずみ色のかかったもの。

り‐す【××鼠】

《「りっす(鼠)」の音変化》
リス科の哺乳類。体長15~22センチ、尾長13~17センチ。冬毛では背が暗褐色か黄褐色で夏毛では淡黒褐色になり、毛はふさふさしている。樹上生で、果実・種子・芽などを主食とし、巣も樹上に作る。本州・四国に分布。日本りす。本土りす。
齧歯(げっし)目リス科の哺乳類のうち、樹上にすみ昼間活動するものの総称。日本にはニホンリスとエゾリスが生息し、タイワンリスが野生化している。尾は体長と同じくらい長くてふさふさし、動作はすばしこく、クリ・クルミなどの木の実を好む。広くは、リス科のうちムササビ類以外を総称し、シマリスジリスなども含まれる。きねずみ。くりねずみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くりねずみ【栗鼠】

馬の毛色の名。鼠色のまじった栗毛。
栗鼠色。

りす【栗鼠】

〔字音「りっそ」の転〕
齧歯げつし目リス科の哺乳類のうち、ムササビ類を除くものの総称。
の一種。頭胴長約20センチメートル。尾長は16センチメートルほどで、毛がふさふさとしている。毛色は夏冬および産地で異なり、冬毛の背面は北方産が暗褐色、南方産は黄褐色、腹面は白色。夏毛は体側が橙褐色を帯びる。平地から亜高山帯の針葉樹林にすみ、木登りがうまく、泳ぎも巧み。昼行性で、種子や木の実を食べる。本州・四国・九州に分布。キネズミ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

栗鼠 (リス)

動物。リス科リス族に含まれる動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

栗鼠の関連キーワードニホンリスキネズミ中野孝一針葉樹林日本栗鼠亜高山帯竹林精舎昼行性黄褐色哺乳類木登り暗褐色芽立ち動物樹上体側夏毛字音腹面愛養

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栗鼠の関連情報