コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗鼠 クリネズミ

4件 の用語解説(栗鼠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くり‐ねずみ【××鼠】

リスの別名。
栗鼠色」の略。
馬の毛色の名。栗毛にねずみ色のかかったもの。

り‐す【××鼠】

《「りっす(栗鼠)」の音変化》
リス科の哺乳類。体長15~22センチ、尾長13~17センチ。冬毛では背が暗褐色か黄褐色で夏毛では淡黒褐色になり、毛はふさふさしている。樹上生で、果実・種子・芽などを主食とし、巣も樹上に作る。本州・四国に分布。日本りす。本土りす。
齧歯(げっし)目リス科の哺乳類のうち、樹上にすみ昼間活動するものの総称。日本にはニホンリスとエゾリスが生息し、タイワンリスが野生化している。尾は体長と同じくらい長くてふさふさし、動作はすばしこく、クリ・クルミなどの木の実を好む。広くは、リス科のうちムササビ類以外を総称し、シマリスジリスなども含まれる。きねずみ。くりねずみ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くりねずみ【栗鼠】

馬の毛色の名。鼠色のまじった栗毛。
栗鼠色。

りす【栗鼠】

〔字音「りっそ」の転〕
齧歯げつし目リス科の哺乳類のうち、ムササビ類を除くものの総称。
の一種。頭胴長約20センチメートル。尾長は16センチメートルほどで、毛がふさふさとしている。毛色は夏冬および産地で異なり、冬毛の背面は北方産が暗褐色、南方産は黄褐色、腹面は白色。夏毛は体側が橙褐色を帯びる。平地から亜高山帯の針葉樹林にすみ、木登りがうまく、泳ぎも巧み。昼行性で、種子や木の実を食べる。本州・四国・九州に分布。キネズミ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栗鼠の関連キーワード有りっ丈ぎっぱこっちゃ畑栗鼠欲する栗鼠猿蝦夷栗鼠追っ縋ふ北栗鼠日本栗鼠

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

栗鼠の関連情報