コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木の端 キノハシ

デジタル大辞泉の解説

き‐の‐はし【木の端】

木の切れ端。転じて、取るに足りないもの。
「ただ―などのやうに思ひたるこそ、いといとほしけれ」〈・七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きのはし【木の端】

木の切れはし。
木の切れはしのように、役に立たないもの。人の捨てて顧みないもの。 「日頃-などのやうにおもひし美術諸生の仲間なりければ/うたかたの記 鷗外

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

木の端の関連キーワード端くれ垂木鼻高欄鳥居馬力鼻栓

木の端の関連情報