木の端(読み)キノハシ

デジタル大辞泉の解説

き‐の‐はし【木の端】

木の切れ端。転じて、取るに足りないもの。
「ただ―などのやうに思ひたるこそ、いといとほしけれ」〈・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

き【木】 の 端(はし)

① 木石のように人情を理解しないもの。特に僧侶や尼のこと。一説に、とるにたりない者の意。
※枕(10C終)七「ただ木のはしなどのやうに思ひたるこそ、いといとほしけれ」
② 木の切れ端のような役に立たないもの。
※俳諧・鶉衣(1727‐79)前「ただ木の端と思ひすてたる雲水の生涯ならむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報