木石(読み)ボクセキ

デジタル大辞泉の解説

ぼく‐せき【木石】

木と石。樹木と岩石。
情を解さないもの、人間らしい感情のないもののたとえ。
[補説]書名別項。→木石

ぼくせき【木石】[書名]

舟橋聖一の短編小説。昭和13年(1938)、雑誌「文学界」に発表。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼくせき【木石】

木と石。
木や石のように、情も感覚もないもののたとえ。 「人、-にあらねば、時にとりて、物に感ずる事なきにあらず/徒然 41

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼく‐せき【木石】

〘名〙
① 木と石。木や石。もくせき。
※三教指帰(797頃)上「形殊禽獣、何同木石」 〔孟子‐尽心・上〕
② 転じて、非情なもの、人間としての情を解さないもののたとえ木竹。もくせき。
※性霊集‐四(835頃)請赦元興寺僧中璟罪表「然則、木石知恩、人鬼感激」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

木石の関連情報