コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木石 ボクセキ

デジタル大辞泉の解説

ぼく‐せき【木石】

木と石。樹木と岩石。
情を解さないもの、人間らしい感情のないもののたとえ。
[補説]書名別項。→木石

ぼくせき【木石】[書名]

舟橋聖一の短編小説。昭和13年(1938)、雑誌「文学界」に発表。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼくせき【木石】

木と石。
木や石のように、情も感覚もないもののたとえ。 「人、-にあらねば、時にとりて、物に感ずる事なきにあらず/徒然 41

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

木石の関連キーワード越中谷 四三郎人木石に非ず夏川 大二郎宮原 二郎石木・岩木型板・形板水前寺公園赤木 蘭子時に取りて伏見 晃男根崇拝宮原二郎九鬼守隆福田敬業深田精一柘植善吾藤吉子虎兼松蘆門増田象江魑魅魍魎

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木石の関連情報