木石(読み)ぼくせき

精選版 日本国語大辞典「木石」の解説

ぼく‐せき【木石】

〘名〙
① 木と石。木や石。もくせき。
※三教指帰(797頃)上「形殊禽獣、何同木石」 〔孟子‐尽心・上〕
② 転じて、非情なもの、人間としての情を解さないもののたとえ。木竹。もくせき。
※性霊集‐四(835頃)請赦元興寺僧中璟罪表「然則、木石知恩、人鬼感激」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「木石」の解説

【木石】ぼくせき

木と石。無情のもの。阮籍〔大人先生伝〕人は與(とも)に儔(たぐひ)を爲すべからず。木石とを爲すに(し)かず。

字通「木」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android