コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木石 ボクセキ

デジタル大辞泉の解説

ぼく‐せき【木石】

木と石。樹木と岩石。
情を解さないもの、人間らしい感情のないもののたとえ。
[補説]書名別項。→木石

ぼくせき【木石】[書名]

舟橋聖一の短編小説。昭和13年(1938)、雑誌「文学界」に発表。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼくせき【木石】

木と石。
木や石のように、情も感覚もないもののたとえ。 「人、-にあらねば、時にとりて、物に感ずる事なきにあらず/徒然 41

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

木石の関連キーワード越中谷 四三郎人木石に非ず夏川 大二郎宮原 二郎型板・形板水前寺公園石木・岩木赤木 蘭子時に取りて兼松蘆門伏見 晃柘植善吾宮原二郎福田敬業深田精一九鬼守隆藤吉子虎増田象江男根崇拝魑魅魍魎

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木石の関連情報