コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木下忠司 きのした ちゅうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下忠司 きのした-ちゅうじ

1916- 昭和後期-平成時代の作曲家。
大正5年4月9日生まれ。木下恵介の弟。諸井三郎に師事。昭和21年映画「わが恋せし乙女」の音楽を担当。「カルメン故郷に帰る」「二十四の瞳」「喜びも悲しみも幾歳月」など木下恵介作品を中心におおくの映画音楽を手がける。静岡県出身。武蔵野音楽学校(現武蔵野音大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木下忠司の関連キーワード人間の条件(五味川純平の小説)新・喜びも悲しみも幾歳月この広い空のどこかにへんな家!二人の世界團伊玖磨夕陽の笛破れ太鼓水戸黄門女の園

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木下忠司の関連情報