コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸井三郎 もろい さぶろう

2件 の用語解説(諸井三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諸井三郎 もろい-さぶろう

1903-1977 昭和時代の作曲家。
明治36年8月7日生まれ。諸井恒平(つねへい)の3男。ベルリン高等音楽学校でまなび,昭和9年帰国。交響曲,協奏曲を作曲,入野義朗,柴田南雄(みなお)らをそだてた。戦後は文部省音楽教育行政にたずさわり,東京都交響楽団長,洗足学園大教授をつとめた。昭和52年3月24日死去。73歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「楽式の研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

諸井三郎
もろいさぶろう
(1903―1977)

作曲家。東京生まれ。東京帝国大学美学科在学中より作品を発表し、1927年(昭和2)河上徹太郎らと「スルヤ楽団」を結成し、31年まで7回にわたって作品発表会を開いた。32年山根銀二と雑誌『音楽研究』を創刊。32年より2年間ベルリン音楽大学で作曲を学び、ベートーベンからロマン派までのドイツの作曲法を身につけ、帰国後は創作活動を続けながら、教育にも力を入れた。門下から柴田南雄(しばたみなお)、入野義朗(いりのよしろう)ら優れた作曲家が輩出している。主要作品はピアノ協奏曲、弦楽六重奏曲、幻想曲風オラトリオなど。『機能和声法』、『楽式の研究』全五巻など著書も多い。[船山 隆]
『諸井三郎著『楽式の研究』全五巻(1959~61・音楽之友社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の諸井三郎の言及

【現代音楽】より

… 日本の〈現代音楽〉の創作と演奏活動は,第2次世界大戦後になって開始される。戦前にヨーロッパに留学した諸井三郎と池内友次郎は,和声法や対位法の基礎を新しい世代の作曲家に伝え,そこから多くの個性的な作曲家が輩出した。また戦後には,旗幟鮮明な創作理念をかかげたいくつかの作曲家グループの活動も開始された。…

【交響曲】より

… 日本では西洋音楽の積極的な輸入の過程で1912年に最初の交響曲(山田耕筰のベルリン留学中の《かちどきと平和》)が書かれた。その後35年ころから諸井三郎や池内友次郎らによって本格的にドイツ,フランスの作曲技法が導入され,概してヨーロッパの最新の動きから若干遅れたアカデミックな作風が伝えられてきた。第2次大戦終了以前には諸井のほか,独自の東洋的和声体系に基づく箕作秋吉らの作品がある。…

※「諸井三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

諸井三郎の関連キーワード阿部武雄大木正夫清瀬保二佐藤勝船村徹松島彜室崎琴月梁田貞米山正夫ヴォルフ=フェラーリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

諸井三郎の関連情報