木下秀一郎(読み)きのした しゅういちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下秀一郎 きのした-しゅういちろう

1896-1991 大正-昭和時代の洋画家,医師。
明治29年生まれ。大正9年未来派美術協会展に出品,翌年会員となる。11年三科インデペンデントと改称し,のちアクションやマヴォと合流,村山知義らと三科造型美術協会を設立。15年同展に「決行せるアナルヒストの心理的像」を出品したあとは医学に専念した。平成3年死去。95歳。福井県出身。日本医専(現日本医大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木下秀一郎の関連情報