コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神原泰 かんばらたい

百科事典マイペディアの解説

神原泰【かんばらたい】

画家,詩人仙台市生れ。中央大学卒。在学中の1917年二科展入選。1922年前衛美術グループ〈アクション〉を結成。イタリア未来派の紹介を行う。日本の前衛美術運動に果たした役割は大きい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神原泰 かんばら-たい

1898-1997 大正-昭和時代の洋画家,詩人。
明治31年2月23日生まれ。大正6年二科展に日本最初の抽象画と称する作品を出品。10年個展で「第1回神原泰宣言書」を発表,前衛芸術運動に指導的役割をはたす。東亜燃料工業(現東燃ゼネラル石油)に勤務,世界石油会議日本国内事務局長などもつとめた。平成9年3月28日死去。99歳。東京出身。中央大卒。著作に「定本神原泰詩集」「ピカソ礼讃」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

神原泰の関連キーワード木下 秀一郎浅野 孟府神原 泰未来主義北川冬彦昭和時代画家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android