コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼薊 オニアザミ

デジタル大辞泉の解説

おに‐あざみ【鬼×薊】

キク科の多年草。日本特産で、本州の山中に自生。高さ0.5~1メートル。全体に毛が多い。葉は基部が広く、縁に長いとげがある。6~9月ごろ、粘りけのある紫色の頭状花をつける。
一般に、夏から秋に大形のたくましい花を開くアザミ。 秋》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おにあざみ【鬼薊】

アザミの一種。山地に自生。高さ約6、70センチメートル。夏から秋にかけ紫色の頭花を開く。総苞そうほうには粘りけがある。
大形のアザミ類の通称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鬼薊 (オニアザミ)

植物。キク科の多年草。ヤマアザミの別称

鬼薊 (オニアザミ・オニノアザミ)

学名:Cirsium nipponense
植物。キク科の多年草,高山植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

鬼薊の関連キーワード市川小団次(4代)小袖曽我薊色縫小袖曾我薊色縫木下 秀一郎十六夜・清心鬼坊主清吉頭状花アザミ頭花

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android