コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木内道祥 きうち みちよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木内道祥 きうち-みちよし

1948- 昭和後期-平成時代の弁護士,最高裁判事。
昭和23年1月2日生まれ。昭和50年弁護士登録(大阪弁護士会)。倒産事件と家事事件にたずさわり,日弁連倒産法改正問題検討委員会(現・日弁連倒産法制等検討委員会)委員長,日弁連家族法改正プロジェクトチーム座長などを歴任。平成25年田原睦夫の後任として最高裁判事に就任。徳島県出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木内道祥の関連キーワード昭和

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木内道祥の関連情報